中国台湾料理 味仙 今池元店

お電話でのお問い合わせはこちらから。
TEL:052-733-7670
営業時間 PM5:30~AM2:00 ラストオーダー AM1:30
元祖台湾ラーメン

元祖“台湾 ラーメン”の店元祖台湾 ラーメンの文献紹介

由来と人気の秘密は?
記事写真 辛さをこらえながら、額に汗して食べるのがだいご味の「台湾ラーメン」。このラーメンが名古屋で生まれ、主にこの地域だけで食されているご当地ラーメンであることをご存じだろうか。でも、名古屋のラーメンなのに、なぜ名前は台湾なの? その由来と人気の秘密に迫ってみた。
 
名古屋人好みの“濃い味”
 
麺(めん)の上にいためたひき肉とニラがどっさり載り、スープは鶏ガラ。そして、たっぷりの唐辛子。店によって差はあるものの、これが台湾ラーメンの標準的なスタイルだ。
口に入れた瞬間、激しい辛さが襲ってくる。最初は涙ぐみ、せき込んでしまうことも…。だが、何度か口に運び、慣れてくると、この刺激が癖になる。
台湾ラーメンの元祖は名古屋市千種区今池一の中国台湾料理店「味仙」だといわれている。30年ほど前、同店の主人郭明優さん(60)が台湾で小皿に盛って食べる「台仔(たんつー)麺」を、激辛にアレンジして出したのが最初という。
郭さんが台湾出身であることから台湾ラーメンと命名した。当の台湾には似た麺はあっても、同一の激辛ラーメンは存在しないという。最初は「味仙」の一部の客の間だけで愛されいたこの麺が、急激に広まったのは、激辛ブームに沸いた10年ぐらい前から。辛い食べ物にはやせる効果があるとか、スタミナが付くといった触れ込みもあって、人気に火がついた。
どこかで人気メニューが生まれれば、他店でも便乗するのが商売の常。名古屋市内の多くのラーメン店でも、台湾ラーメンというそのままの名のメニューが続出した。名古屋では「激辛ラーメン=台湾ラーメン」という図式がすっかり定着してしまった。
県中華料理環境衛生同業組合によると、現在名古屋市内に約380あるとされるラーメン専門店のうち、200店以上が台湾ラーメンを出している。全国規模のチェーン店でさえ、この地域では特別にメニューに加えているほどだ。
それにしても、全国津々浦々激辛ラーメンは数あれど、名古屋での人気は特筆もの。これほどまでに地域に根付いたのはなぜか。
同組合組織委員長で、瑞陵高校食物調理科非常勤講師の牧野光朗さんは「名古屋人は、みそは八丁みそ、しょうゆはたまりを使うなど濃い味が好き。みそ煮込みうどんなども日常から食べていたぐらいだから、辛い台湾ラーメンだって違和感なく受け入れたのでは」と分析する。
だが、最近は激辛の部分ばかりがエスカレートする傾向にあるようだ。
「味仙」を切り盛りする郭明優さんの妻美英さん(50)は「やはり台湾ラーメンは、スープと辛味の程良いバランスが命。辛さばかり追求して、スープのおいしさが分からなくなるようでは、ちょっと残念なこと」と複雑な心境だ。
せっかく名古屋に根付いた食文化の一つ。奇をてらわず大事に育てていこう、という元祖からのメッセージとも受け取れた。(伊東 浩一)
2000年(平成12年)3月16日(木曜日)中日新聞 県内総合市 21面
中日新聞社より新聞著作物使用許可済み
台湾ラーメンこそ「名古屋ラーメン」って本当?
台湾ラーメン お手軽グルメの王様、ラーメン。全国津々浦々にその土地土地の“ご当地ラーメン”が存在するように、すっかり日本の食文化の中に浸透しています。ラーメンは今や日本人の国民食と言っても過言ではないでしょう。
しかし、札幌ラーメンをはじめ、東京、京都、高山、博多、熊本など、その町を代表する様々なラーメンが個性を競い合っているのに、なぜか名古屋ラーメンと呼ばれるものはありません。これは一体どうしてなのでしょう?
一説には、名古屋人はうどん好きのため、ラーメン文化が立ち遅れていたと言われています。確かに、名古屋で麺と言えば、味噌煮込みうどんやきしめん。地元で根強い人気を誇り、全国にも知られる堂々たる名物となっています。
ところが、実は名古屋でだけポピュラーになっているラーメンがあるのをご存じでしょうか。「台湾ラーメン」です。
麺の上にミンチとニラがたっぷり乗り、スープは鶏ガラ。そして、決め手はトウガラシ。ピリッ!と辛いというのが何よりの特徴です。
さて、どうして台湾ラーメンが名古屋ラーメンなの?と首をかしげる人も多いことでしょう。実は台湾には台湾ラーメンと呼ばれるものも、これと同じ料理も存在しません。これは名古屋で生まれ、名古屋で広まった名古屋オリジナルのラーメンなのです。
元祖は千種区今池にある台湾料理専門店「味仙」。今から30年ほど前に、台湾の担仔麺(タンツーメン)をベースに、辛く味付けしたのがルーツだと言います。
「最初は従業員のまかない用に作ったものだったんです。常連のお客さんから“おいしそうだな。食べさせてくれ”と頼まれてメニューに加えることになった。名前は“台湾人が作ったから台湾ラーメンでいいか”と、軽い気持ちでつけたんです。最初からお客さん向けに開発したメニューだったら、もっとカッコいい名前を考えたはずなんですけどね(笑)」と三代目の郭幸治さん。
当初は知る人ぞ知る隠れた人気メニューでしたが、80年代後半の激辛ブームで一躍脚光を浴びることに。今では来店客の大半が注文するという名物メニューになっています。
市内各地へ広まっていったのも、このブームの頃から。味仙で修行をつんだ人、ヒントを得た人が次々と「台湾ラーメン」を看板に揚げた店をオープン。今ではこうした店が市内や近郊のあちこちにあり、それ以外のごく普通のラーメンの店の中にも、台湾ラーメンをレギュラーメニューに加えているところが珍しくないほどです。
最近は、台湾ラーメンを採用している愛知県の中華チェーン店が東京での出店を進めていることもあり、この名古屋生まれの一品はいよいよ全国へ広まっていきそう。他の町でも食べられるチャンスは増えそうです。しかし、やはり、どんなものでも本場が一番。発祥の地である名古屋で、本家本元の台湾ラーメンを味わってもらいたいものです。
Convention NAGOYA
コンベンション ナゴヤ名古屋食文化考8 1999年4月 64号 (9)
使用許可済み(財)名古屋観光コンベンションビューロー
http://www.u-net.city.nagoya.jp/ncvb/
PAGE TOP